FC2ブログ

記事一覧

堀切菖蒲園・葛飾菖蒲まつり◆開花した彩り豊かな花々

歌川広重や歌川豊国の錦絵の題材となった、江戸時代から続く花菖蒲の名所、堀切菖蒲園(葛飾区堀切)を訪ねた。江戸時代末期には、界隈に花菖蒲園がいくつもあり隆盛を極めたが、その後の戦争の影響で相次いで廃園となった。戦後に復興し現在も残るのは、ここ堀切菖蒲園だけだそうだ。2019年で40回目を迎えた堀切菖蒲園会場での「葛飾菖蒲まつり」は、満開に咲き誇る菖蒲で彩られていた。

DSC07014.jpg

最寄駅の駅名にもなっている、京成本線「堀切菖蒲園」。ホームには、菖蒲祭りの提灯が飾られていた。

DSC07096.jpg

DSC07094.jpg

堀切菖蒲園へは、駅から南へ徒歩10分程度。駅前はいくつもの商店街があり、下町風情が溢れている。駅近くには、菖蒲七福神像も並んでいる。

DSC07006.jpg

DSC07092.jpg

DSC07089.jpg

古いアパートと思われる建物が目を引いた。
DSC07086.jpg

駅から菖蒲園までは、住宅地の間を縫うように続く水路跡の道を進む。道端に咲く紫陽花も見頃だった。

DSC07008.jpg

DSC07009.jpg

DSC07010.jpg

DSC07011.jpg

DSC07087.jpg

DSC07083.jpg

堀切菖蒲園は、1960年(昭和35年)に都立公園として開園したが、1975年(昭和50年)に葛飾区へ移管され、現在も管理運営されている。約200種6000株の江戸花菖蒲が栽培され、2018年にリニューアルオープンした。

DSC07012.jpg

DSC07013.jpg

DSC07018.jpg

DSC07016.jpg

DSC07020.jpg

DSC07021.jpg

DSC07024.jpg

DSC07028.jpg

DSC07029.jpg

DSC07041.jpg

DSC07038.jpg

DSC07039.jpg

DSC07037.jpg

DSC07036.jpg

DSC07035.jpg

DSC07032.jpg

DSC07033.jpg

DSC07031.jpg

DSC07030.jpg

堀切菖蒲園の近くには荒川と綾瀬川が流れており、土手と河川敷が広がっている。東京スカイツリーも眺望できるスポットだ。

DSC07044.jpg

DSC07047.jpg

DSC07049.jpg

DSC07051.jpg

DSC07053.jpg

DSC07054.jpg

DSC07074.jpg

荒川河川敷にある「堀切水辺公園」。地元のボランティア有志の方々が管理されている。ここにも、堀切菖蒲園同様に花菖蒲が植えられている。ぜひ、立ち寄ってみたい場所だ。

DSC07058.jpg

DSC07065.jpg

DSC07068.jpg

【アクセス】
京成本線・堀切菖蒲園駅下車(普通列車のみ停車) 徒歩10分
※都心方面からは、JR日暮里駅からの乗り換えが便利。


関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

スポンサードリンク

検索フォーム

プロフィール

Author:歩き人
自然が好きで、特に川や地形といった自然地理に興味、関心を持っています。それらのネタを中心に気楽に書いていこうと思います。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
3位
アクセスランキングを見る>>