FC2ブログ

記事一覧

旧東海道品川宿を歩く◆地図を見ながら北品川~荏原神社をウォーキング

五街道の一つである東海道は、人の流れや交易、物流といった面において重要な役割を果たしてきた歴史があります。道路の整備が進み、往来の雰囲気がある風景の多くは消えてしまいましたが、都心の品川に旧東海道として過去の風情が残るエリアが残っているのです。

まずは、JR・京急品川駅北口からスタートしました。駅前には、東海道(国道15号線・第一京浜)が通っています。線路を左手にして、川崎・横浜方面に向けて歩き、八ツ山橋を目指します。5分程歩くと、八ツ山橋の交差点に着きます。ここで左に折れると、旧東海道の入口です。


▼八ツ山橋です。映画「ゴジラ」では、この橋付近に上陸して大暴れします。
  
 
  
  

▼品川宿の入り口、旧東海道の入り口でもあります。旧東海道に入ると、北品川の商店街に入っていきます。
  
  

▼北品川橋。旧道からの路地を左手に海側に少し行った場所。高層ビルと屋形船の新旧が交錯する風景のひとつ。


▼品海公園の品川宿の石碑


▼道沿いには寺社が点在しています。法禅寺(左上)、一心寺(右上)、正徳寺(左下)
  
  

▼旧道から現在の東海道に向かうと品川神社(ほんせんじんじゃ)があります。
  
  



▼旧東海道へ戻り、目黒川の手前で右折すると、荏原神社があります。




▼目黒川に架かる品川橋。ここが、北品川と南品川の境界になります。


旧東海道はまだ続きますが、この日は、ここまでにして、来た道を品川まで戻りました。あっという間の散歩でしたが、幹線道路と並行して、このような道が今でも残っていることに驚きます。良い意味で風情を残し、生活空間と共存しながら観光資源として賑わい続けて欲しいものです。

関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

スポンサードリンク

検索フォーム

★Tカード一体型クレジットカード

プロフィール

Author:歩き人
自然が好きで、特に川や地形といった自然地理に興味、関心を持っています。それらのネタを中心に気楽に書いていこうと思います。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
6位
アクセスランキングを見る>>