FC2ブログ

記事一覧

泉岳寺義士祭◆赤穂義士祭り

12月14日といえば、大石内蔵助良雄を筆頭とする赤穂義士=赤穂浪士、いわゆる「赤穂四十七士」が、播磨赤穂藩主の主君・浅野内匠頭長矩の仇討のため、本所にあった吉良上野助義央邸に討ち入りを果たした日です。

「忠臣蔵」としてドラマなどでおなじみですね。港区高輪にある泉岳寺には、浅野内匠頭長矩墓および赤穂義士墓があります。春・冬の年2回赤穂義士祭を開催し、冬の義士祭(12月14日)では、墓前供養や財界二世学院主催義士行列が行われます。 多くの人と露店が立ち並び、ひと足早く正月が来たような雰囲気でした。



泉岳寺中門


泉岳寺山門


泉岳寺本堂へ


泉岳寺本堂


大石内蔵助良雄の銅像


四十七士の墓へ続く道


浅野長矩(内匠頭)墓


線香の煙が棚引く赤穂義士たちの墓


血染の梅、血染の石


首洗い井戸


後方の高輪台地上には高層マンションが建つ


午後からは、築地、銀座、芝増上寺を通り、泉岳寺まで歩く赤穂義士行列があり、まだ時間があったので、 両国にある、吉良邸跡へ行ってみました。こちらでも、義士祭、吉良祭が行われていました。


吉良上野助義央公




そして、港区芝公園にある増上寺へ。築地から銀座を行進し、増上寺に到着した財界二世学院主催の赤穂義士たち一向。












地下鉄で泉岳寺へ先回りして待機。今年は、日没後に到着。






この時の境内は、歩くのも大変なくらい大勢の人で一杯でした。初詣の時よりも多いです。例年は明るい時間帯に到着しますが、こうした夜の雰囲気もなかなか良かったです。赤穂義士は根強い人気があることを実感した一日でした。

関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

スポンサードリンク

検索フォーム

プロフィール

Author:歩き人
自然が好きで、特に川や地形といった自然地理に興味、関心を持っています。それらのネタを中心に気楽に書いていこうと思います。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
11位
アクセスランキングを見る>>