FC2ブログ

記事一覧

水元公園の桜が開花

葛飾区にある水元公園を訪れました。東京都内最大規模の水郷公園である水元公園は、菖蒲が有名ですが、桜も見応えがあります。桜は公園脇の葛飾区遊歩道(桜土手)と公園内に各所点在しています。園内の奥に踏み入れば、湿地や水路、広い草原があり、自然観溢れる風景が広がっています。散歩にはもってこいの場所で、サイクリングもおススメです。予約をすれば、バーベキューもできますので、まさに一日中楽しめる公園です。

▼桜土手の桜並木




1965年(昭和40年)、かつて存在した古利根川の河川敷だった場所に水元公園は開園しました。東京23区最北東端に93haの広大な面積を誇り、ポプラ並木、1800本あるメタセコイアの森(生きた化石と言われる古代の木)、バードサンクチュアリ、芝生広場、せせらぎの森などがあります。水生植物も豊富で、スイレン、コウホネの栽培が行われ、東京都の天然記念物である「オニバス」、絶滅危惧種「アサザ」も自生しています。水鳥の観察コーナーもあり、運が良ければカワセミが見れます。

▼メタセコイアの森の近くには多くの桜があります。














▼水郷の風景が広がっています。


▼広大な芝生広場。空が高く見える場所の一つです。






▼しだれ桜もあります。






▼緑の芽が芽吹きだした水生植物群。






とにかく広いの一言です。東京23区とは思えません。4月の桜、6月の菖蒲、12月上旬のメタセコイアの紅葉の時期には、ぜひ訪れてみて下さい。

■アクセス
[徒歩]
・JR常盤線、京成金町線の金町駅から、徒歩20分程度
[バス]
・JR常盤線、京成金町線の金町駅から、京成バス「戸ヶ崎操車場行き」および「八潮駅行き」で「水元公園」バス停で下車、徒歩7分
※3月~11月の土日祝祭日の期間限定で、循環ファミリーシャトルバスが運航します。こちらが、おススメです。「水元大橋」バス停下車、徒歩2分
・有料駐車場があります

関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

スポンサードリンク

検索フォーム

プロフィール

Author:歩き人
自然が好きで、特に川や地形といった自然地理に興味、関心を持っています。それらのネタを中心に気楽に書いていこうと思います。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
11位
アクセスランキングを見る>>