FC2ブログ

記事一覧

府中市立郷土の森博物館あじさいまつり

府中市南端、多摩川近くにある「府中市郷土の森博物館」は、1987年に開館し、移築復元された建築物を中心にした野外博物館です。また、13haもの広大な敷地には、緑豊かな樹木が多くあります。この季節は、「郷土の森あじさいまつり」が開催され、園内の各所にあじさいの花が咲き誇ります。梅雨空のもと、紫陽花の咲く風景をお届けします。




博物館本館の入り口。常設展では、かつて国府が置かれた府中の歴史に関する展示や資料が見られます。また、プラネタリウムもあります。


園内入ると、けやき並木があり、複数の復元建築物が見えてきます。


旧府中尋常高等小学校。1935年に建設された木造校舎の一部を復元。


旧島田家住宅。1888年創建の蔵造りの店を移築したもの。




旧府中町役場。1921年竣工した洋風建築で東京都指定文化財。


旧府中郵便取扱所。府中で最初に郵便取扱所になった旧矢島家住宅。


旧川内家住宅(畑作農家)を復元。府中市指定文化財。


旧田中家住宅。甲州街道府中宿を代表する商家を復元。


少し離れた園内西端にある、旧三岡家長屋門。1829年創建。東京都指定文化財。



そして、園内の各所には沢山の色とりどりの紫陽花が咲き誇っています。















園内を奥に進むと、緑濃い景色と水辺の風景が広がります。






























梅林もあり、梅の花が咲く季節に訪れたいものです。


園内の最も奥にアジサイの小径と呼ばれる、あじさいの道があります。






















戻る途中には、菖蒲の花が咲く水田もありました。




郷土の森という名にふさわしいくらい、のどかで落ち着く場所です。交通の便は良くありませんが、アジサイや梅の咲く季節には是非訪れて頂きたいです。

■交通
・JR武蔵野線・南武線の府中本町駅から徒歩20分
・JR南武線、京王線の分倍河原駅から徒歩20分、バス6分
※分倍河原駅からのバスが便利です。
関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

スポンサードリンク

検索フォーム

★Tカード一体型クレジットカード

プロフィール

Author:歩き人
自然が好きで、特に川や地形といった自然地理に興味、関心を持っています。それらのネタを中心に気楽に書いていこうと思います。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
6位
アクセスランキングを見る>>