FC2ブログ

記事一覧

石神井川源流をめざして(後編) : 多摩湖自転車道-小金井公園-鈴木遺跡

後編は、源流地域を紹介します。多摩湖自転車道まで来れば、源流域はもうすぐです。 多摩湖自転車は、多摩湖と武蔵野市・西東京市境界の五日市街道および井の頭通り関町5丁目交差点を結ぶサイクリングコースです。
この辺りの歩道は盛土になっています。



石神井川は多摩湖自転車道の下を通ります。


上から見た石神井川(下流側)


上から見た石神井川(上流側)・正面の森が小金井公園


ここからも、スカイタワー西東京が見えました。


多摩湖自転車道を過ぎると、すぐ小金井公園です。奥の森が公園で、川はその方向に続いています。


源流からの水は、もう枯渇しています。


小金井公園に着きました。


遠くに田無の街が見えます。


公園は新緑の木々ばかりです。


石神井川脇にある池。でも、水源ではないようです。


石神井川は、小金井公園の北淵を流れています。


すぐ脇は、住宅地です。


畑も広がっています。




上流端の看板が見えてきました。


開渠(あんきょ)区間は、ここまでです。


東京都は、ここを石神井川の起点としています。上流端なので、正式な水源ではありません。


下流方向です。ここから、練馬、板橋、王子、そして隅田川まで続いているのです。




上流端から先は川筋が消え、コンクリートで覆われた暗渠になっています。もう少し歩いていきます。




ここから先は、嘉悦大学の敷地のため行くことができません。


左側がゴルフ場の小金井カントリークラブになっていますが、中は見えません。


かつての川跡が見えます。


いろいろ調べましたが、この先は、はっきりした川跡は残っていないようです。かつての流れは、現在の小金井カントリークラブの中を流れ、最上流部の源流は、ここから約2km先の小平市鈴木町付近みたいです。鈴木町は、昭和49年に小平市立鈴木小学校建設工事の際に発掘された、旧石器時代の鈴木遺跡が有名だそうです。せっかくここまできたので、そこまで行くことにしました。

小平市鈴木町は現在、武蔵野団地という一般の閑静な住宅地になっています。この一帯が、石神井川の最上流であり、源流地域だったと言われています。今は過去の面影はありませんが、谷戸という丘陵地が浸食されて谷地形になり、土地が周囲より低い地形だったため、水が集まりやすく、多くの湧水が存在していたようです。

それらが集まり、石神井川となっていたのでしょう。水が豊富だということは、生活にも農業にも適している土地だということ。鈴木遺跡が発掘されたことで証明されています。


小金井カントリークラブ西端付近です。正面方向から来ましたが、坂になっていて、低地であることがわかります。


武蔵野団地。正面方向は坂になっていて、谷戸だった面影が、かすかにあります。


井戸がありました。今は、使ってないようです。


小平市立鈴木小学校正門。昭和49年建設工事の際、遺構が発掘されたそうです。


鈴木小の西側には、新小金井街道が通っています。


その脇に鈴木遺跡がありました。


単なる空き地ですが、考古学では意義ある場所なのです。


武蔵野住宅方向です。わかりにくいかもしれませんが、谷戸地形で土地が低くなっています。


新小金井街道を挟んで、反対側に資料館があります。


そして、ここを終着とします。

石神井川は、降雨時以外は流量が少なく、特に武蔵関公園より上流は、流れがない状態です。自然の湧水は、ほとんどが枯渇し、雨水、住宅排水、工場排水などで流れを賄っている状況です。開発のため、流れが変更されたり、採掘されたりして、水脈にも影響したのだと思います。都市河川の宿命かもしれません。源流も曖昧で、神田川、善福寺川、妙正寺川、野川などと比べて不運な川ですが、武蔵野の長閑な風景、見事な桜並木、板橋の渓谷といった、自然的景観も貴重に残されている幸運な面もあるのです。

最後に余談ですが、鈴木遺跡から新小金井街道を約1kmちょっと南下すると、小金井市貫井北町3丁目付近に仙川(せんがわ)という多摩川水系の河川の上流端があります。武蔵野市、三鷹市、調布市、世田谷区を通り野川に流れ込みます。京王線の仙川という駅名にもなっていて、その側も流れます。ふたつの都市河川の源流が、こんなにも近くにあるということは、かつて、小平市や小金井市一帯は、湧水が豊富だったのでしょう。


日帰りバスツアーや日帰り旅行の予約ならポケカル

関連記事

スポンサードリンク

コメント

Unknown

初めまして。
石神井川の源流について検索していて辿り着きました。
またお邪魔します。

通りがかりの者さんへ

このブログにお越しいただき、ありがとうございます。
源流部については、私も、もっと詳しく知りたいと思っています。他の方のブログやHP、文献などを元に更に探求していきたいですね。

一言

鈴木遺跡の中心部は、現在の新小金井街道の下(鈴木小学校の隣近辺)で鈴木小学校の北側、南側から遺構が発見されています。
追伸新小金井街道の下ー1976年までは、公務員共済住宅
昔御幸町居住だから一言

昔御幸町居住さんへ

大変貴重な情報を御提供頂き、ありがとうございます。また、返事が遅れましたことをお詫び申し上げます。
ブログでは紹介していませんが、北区の石神井川河口から踏破して、源流部である鈴木遺跡まで辿り着きました。ここまで来れて良かったと思っております。

昔居住していて、小学校と中学校の範囲(幼稚園も至近)なので近況を知ることができました。
追伸、鈴木小学校の所在地は、旧来産廃の処分場だったはずです。

昔御幸町居住さんへ2

やはり、住んでいらした(いらっしゃる)方の情報は、何よりの情報源ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

スポンサードリンク

検索フォーム

【不動産の無料一括査定】



プロフィール

Author:歩き人
自然が好きで、特に川や地形といった自然地理に興味、関心を持っています。それらのネタを中心に気楽に書いていこうと思います。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
11位
アクセスランキングを見る>>