FC2ブログ

記事一覧

明治神宮外苑イチョウ並木と紅葉/黄葉◆新国立競技場建設工事も進行中

東京都心の風景名所の一つとして、明治神宮外苑のイチョウ並木が挙げられます。明治神宮外苑のいちょう並木の歴史は大正12年まで遡り、平成29年時点で94年になるそうです。明治41年に新宿御苑にある在来木から採集した種子を蒔き、樹形を整えながら成長させ、その成長した中の良質な146本を現在の場所に植えたそうです。今回は、その銀杏並木を中心に明治神宮外苑を歩いてみました。
DSC04561.jpg 

青山通りから聖徳記念絵画館に向けて一直線にイチョウ並木が続いています。関東大震災や東京大空襲の難も奇跡的に逃れ成長し、今の様な美しい並木となって存在感を示しています。まさに、神宮外苑のシンボルといえます。剪定は4年に一度、1月~3月の冬場に行われているそうです。

DSC04553.jpg

DSC04555.jpg 

DSC04563.jpg 

DSC04558.jpg 

DSC04598.jpg 

この時期は特に大勢の人で賑わいますが、近年は外国人観光客が多くなっています。

DSC04595.jpg 

この日は「いちょう祭り」が行われ、全国各地のグルメが集結した露天が立ち並んでいました。
DSC04567.jpg 

DSC04568.jpg 

神宮外苑の中には、神宮球場、秩父宮ラグビー場、建設中の新国立競技場などのスポーツ競技施設
などが立ち並び、普段はスポーツを楽しむ人でにぎわいます。
DSC04565.jpg 

イチョウだけでなく、他の木々も紅葉していました。
DSC04588.jpg 

◆聖徳記念絵画館
明治神宮外苑を代表するシンボル的な建築物です。館内には、明治天皇・昭憲皇太后の御在世中の御事蹟を伝える大壁画があります。
DSC04576.jpg 

DSC04580.jpg 

急ピッチで建設が進む、2020年東京オリンピック会場の新国立競技場。
DSC04590.jpg 

DSC04571.jpg 

以下は、2017年9月に千駄ヶ谷駅近くの東京体育館付近から撮った建設中の国立競技場です。完成が楽しみですね。
DSC04246.jpg 

DSC04250.jpg 

DSC04248.jpg 

DSC04249.jpg 

【神宮外苑イチョウ並木へのアクセス】
[JR線]
・信濃町駅から徒歩10分
・千駄ヶ谷駅から徒歩15分
[東京メトロ銀座線]
・外苑前駅から徒歩5分
[東京メトロ半蔵門線・都営大江戸線]
・青山一丁目駅から徒歩5分


関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

スポンサードリンク

検索フォーム

★Tカード一体型クレジットカード

プロフィール

Author:歩き人
自然が好きで、特に川や地形といった自然地理に興味、関心を持っています。それらのネタを中心に気楽に書いていこうと思います。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
6位
アクセスランキングを見る>>