fc2ブログ

スポンサードリンク

荒井沢市民の森-皆城山展望台-称名寺(今泉不動)陰陽の滝◆鎌倉と横浜市境の尾根道を歩く

前回の記事の続き。北鎌倉、六国見山、散在ガ池森林公園を歩いてきた。ここまで来ると鎌倉市の北端地域になり、鎌倉市と横浜市の境界は近い。ここから、称名寺(今泉不動)と陰陽の滝に立ち寄り、鎌倉市と横浜市の市境となる尾根を越えて横浜市に入り、皆城山と荒井沢市民の森を通り、JR根岸線本郷台駅を目指す。

鎌倉を東西に貫く尾根は2つあり、南側の尾根は天園ハイキングコースとして整備され、観光客も多い有名な尾根ルートである。鶴岡八幡宮、鎌倉宮、建長寺、瑞泉寺といった有名な寺社にもアクセスしやすいので人気のハイキングコースとして名高い。一方で、北側の尾根は有名な観光スポットがないため地味な存在である。観光客はあまり訪れない。名称としては、鎌倉市境尾根道、鎌倉市横浜市境界尾根道、公田ハイキングコースなど複数の呼び名があるみたいだ。そんな場所だが、訪れる価値のあるスポットはいくつか点在する。それが、今回歩いた称名寺(今泉不動)・陰陽の滝、荒井沢市民の森だ。そんな、鎌倉のひっそりとした奥座敷と横浜市南部の里山を歩いて行く。
【ルート】
称名寺(今泉不動)-陰陽の滝-鎌倉横浜市境尾根道-荒井沢市民の森(皆城山-谷戸田の池-カエル池-極楽広場)-洗沢川小川アメニティ-JR本郷台駅

▼写真は、荒井沢市民の森にある谷戸田の池。
DSC05780.jpg

散在ガ池森林公園の北口を出ると鎌倉湖畔通りに出る。左折して少し歩くと、大船方面と鎌倉カントリークラブを結ぶ道に出る。江ノ電バスも通り便数が多いのでJR大船駅からアクセスしやすい。すぐ側に今泉不動というバス停がある。その横に横浜市方面への尾根に続く道があるが、称名寺(今泉不動)と陰陽の滝へ寄り道していくため、一端、鎌倉カントリークラブ入口方面へ歩いて行く。道沿いには、砂押川の渓流が流れている。

DSC05641.jpg

鎌倉カントリークラブ方面と称名寺への分かれ道。称名寺は、左の道を行くとすぐにある。
DSC05643.jpg

◆称名寺(今泉不動)
称名寺は、弘法大師空海によって開かれたとされる霊場で、鎌倉市今泉にある浄土宗の寺院。山号は今泉山。今泉不動とも呼ばれる。
DSC05658.jpg

DSC05660.jpg

◆陰陽の滝
境内の一番奥にある陰陽の滝。男滝と女滝がある。
DSC05649.jpg

DSC05650.jpg

DSC05653.jpg

来た道を引き返し、今泉不動のバス停付近まで戻ってきた。
DSC05668.jpg

今泉不動バス停の側に横浜市方面への尾根につながる道があるので登っていく。なお、この地点より約500m程離れた大船方面側にもバス停があり、その近くからも尾根に続く道がある。Googleマップでは、公田ハイキングコース入口と表記されている。
DSC05665.jpg

散在ガ池森林公園方向を振り返る。斜面は畑となっている。周囲は静かな里山だ。
DSC05671.jpg

尾根へ向かい登って行く。
DSC05674.jpg

登り斜面の途中で分かれ道があり、手作りの標識があった。右の荒井沢/桂台南方面へ進む。
DSC05677.jpg

登りきり、尾根道へ出た。右の桂台南方面へ行く。
DSC05678.jpg

ちなみに、荒井沢市民の森や桂台南などの横浜市方面から来た場合は、この古びた標識が散在ガ池方面へ下る目印となる。ただ、目立たず見落としやすいので注意したい。
DSC05679.jpg

尾根道に沿って歩くと斜面まで広がる畑があった。地図上では完全に沿っているとは言えないが、概ね、この尾根道が鎌倉市と横浜市の市境となっている。
DSC05691.jpg

荒井沢市民の森を示す標識が出てきた。そちらへ進む。
DSC05683.jpg

DSC05682.jpg

◆荒井沢市民の森
この付近から荒井沢市民の森の領域となる。
DSC05686.jpg

尾根の北側には眺望の良い場所がある。
DSC05716.jpg

南側は、鎌倉カントリークラブのゴルフコースとなっている。クラブハウスの建物の向こう側に天園ハイキングコースの尾根道が東西に続いている。鎌倉カントリークラブは、鎌倉の東西に続く2つの尾根の間を造成して作られたゴルフコースだ。
DSC05706.jpg

荒井沢市民の森への分岐点。ここで尾根道と分かれ少し下る。この先、尾根道は横浜市栄区桂台南の住宅地方面に続く。
DSC05718.jpg

少し進むと、皆城山/谷戸田の池と炭焼広場方面の分岐点に着く。どちらでも、JR本郷台方面へ行けるが、今回は皆城山/谷戸田の池方面へ進む。
DSC05725.jpg

視界が開ける箇所では、周辺の住宅地と遠望が望める。
DSC05728.jpg

谷戸田の池/極楽広場方面へ行くが、皆城山展望台に立ち寄るので、一端そちらに進む。
DSC05732.jpg

◆皆城山展望台
眺望が良いパノラマが広がる。
DSC05759.jpg

円海山方面
DSC05739.jpg

港南台、横浜みなとみらい方面
DSC05749.jpg

先程の分岐点まで戻り、谷戸田の池/極楽広場方面へ下る。
DSC05760.jpg

谷に降りると、洗井沢川源流からの流れが現れた。
DSC05770.jpg

◆谷戸田の池
木道が敷かれ、水辺や周囲の植生を観察できる。荒井沢市民の森で一番美しい景観だった。
DSC05778.jpg

DSC05789.jpg

少し小高い丘に登る。
DSC05812.jpg

DSC05818.jpg

緑一色の景色を進む。
DSC05828.jpg

水田が現れた。地元の小学生が、田植えや稲刈り体験をするみたいだ。
DSC05833.jpg

◆カエル池
DSC05849.jpg

◆極楽広場
ここまでが、荒井沢市民の森となる。
DSC05853.jpg

一般道へ出ると、洗井沢川小川アメニティの遊歩道があり、JR本郷台駅方面へ続く。この付近は、横浜市栄区公田町で横浜市南西端に位置する。歩いてきた荒井沢市民の森を含め、谷戸の谷底地形となっており、里山の原風景が残る場所である。
DSC05858.jpg

DSC05875.jpg

DSC05432.jpg

DSC05877.jpg

DSC05878.jpg

DSC05867.jpg

この界隈には、地層が露出した断崖絶壁の風景が見られる。横浜のグランドキャニオンと呼ばれているそうだ。
DSC05873.jpg

この先、ひたすらまっすぐ北へ進むと環状4号線に出る。それを越えて、いたち川を渡るとJR本郷台駅は近い。

DSC05914.jpg

JR本郷台駅に到着。
DSC05917.jpg


鎌倉市北部と横浜市南西部には、今でも静かな里山が残っている。鎌倉の表通りである、鶴岡八幡宮側とは違う風景が広がっている。のんびりと散策するには、格好の場所である。

■アクセス
○称名寺(今泉不動)陰陽の滝
JR大船駅から江ノ電バス(大船鎌倉湖循環線)で約20分
○荒井沢市民の森(横浜市栄区側の入口)
JR根岸線本郷台駅から徒歩30分位

関連記事

コメント

非公開コメント

散歩人

自然が好きで、特に川や地形といった自然地理に興味、関心を持っています。それらのネタを中心に気楽に書いていこうと思います。

スポンサードリンク