fc2ブログ

スポンサードリンク

さいかち窪(都立小平霊園)、ついに幻の湧水が出る◆黒目川源流域の武蔵野風景

東京都小平市、東村山市、東久留米市の3市にまたがる都立小平霊園。その北端の新青梅街道沿いに鬱蒼とした雑木林に覆われた窪地があります。ここは、東久留米市柳窪の「さいかち窪」と呼ばれ、普段は水のない窪地ですが、雨量が多い年の9月下旬~10月上旬には湧水が湧きます。現在、湧水量は激減してしまいましたが、平成以降、1991年(平3年)、1998年(平10年)、2004年(平16年)、2008年(平20年)、2015年(平27年)、2016年(平28年)、2018年(平30年)、2019年(令和元年)に湧水しています。

 

この記事は、2015年9月に7年ぶりに湧水が出たとの情報を得て現地へ出向いた際の内容ですが、その翌年以降も頻繁に湧水があり、多くのブログやSNSでも情報発信されています。当記事の写真は2015年のものですので、その点はご了承ください。

さいかち窪は、西武新宿線小平駅から小平霊園内を歩くこと約15分で辿りつきます。ここは、黒目川の源流域にもなっています。黒目川は東久留米市を北東へ流れ、支流の出水川、西妻川、落合川の流れを合わせます。その後、埼玉県新座市で妙音沢湧水の流れが加わると流量と勢いを増し、朝霞市を抜け新河岸川、荒川へと流れ込み、最終的に東京湾へ辿り着きます。今回は、ここから黒目川沿いを久留米西団地まで歩いてみました。なお、さいかち窪へ入る際は蚊の大群に襲われます。クモの巣も多いですし、足場のぬかるみもひどいです。服装や靴の完全武装の準備をおすすめします。

そして、さいかち窪の中に入ると、奥から水のせせらぎがあり小川となっていました。湧水は黒目川の源流となります。



▼さいかち窪中央部には湖?ができていました。






▼最奥部にある2つの排水管。小平霊園方面からの湧水や雨水を通る管でしょうか?




▼ちなみに、水がない時の様子はこんな感じです。<2011年5月21日訪問時>




▼入口へ戻ると、新青梅街道の下を潜る排水管があります。


▼この看板地図は上が南で下が北になります。上(南側)の正門近くに小平駅があります。


黒目川は新青梅街道の下を通ります。


▼新青梅街道を超えると、黒目川の流れが現れます。普段は水溜まりのようになっていて、流れが見られるのは久しぶりです。


▼川沿いには、以前はなかった「さいかちの道」と言う名前の遊歩道ができていました。




この先、しばらく遊歩道が続きますが、薄暗い静寂な森が魅力的でした。








▼黒目川(柳窪)天神社前の流れ。東京の名水57選の湧水でもあります。柳窪緑地保全地域となっており、屋敷森として自然景観が残されている貴重な場所です。








▼水がない時はこんな様子<2011年5月21日訪問時










▼森を抜けると緑色の水草が水に映え、美しかったです。


▼のどかで落ち着く武蔵野の風景が広がります。


▼東久留米市立第十小学校の横を流れていきます。




▼左方から、もう一つの水源の北原公園の流れが合流します。


▼久留米西団地の中を流れていきます。


ここで黒目川と別れ、支流の西妻川の源流である、滝山団地・白山公園へ向かいました。こちらも、今年は湧水が豊富だと聞きました。

▼白山公園に着くと、グランドは湧水で湿地になっていました。しばらく、使用できないでしょう。






▼西妻川は、この後、下里1丁目の都大橋付近で黒目川に合流します。


以上、さいかち窪と黒目川上流部の散策をお伝えしました。まだ、しばらく湧水は続くかもしれませんが、いずれは元の状態に戻るでしょう。秋が終わる頃までは続いて欲しいですね。また、ここから下流域には、落合川や立野川といった清流もあります。ぜひ、地図を見て散策してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

管理人・ブログ主

Re: さいかち窪
> こんにちは。
> さいかち窪は滅多に湧き出さない珍しく貴重な存在ですね。大切に保存されるとよいです。
> ところで、さいかち窪が湧き出した年ですが1997年は少雨でしたから、98年じゃないでしょうか?

nanasi様
ブログをご覧頂き、ありがとうございます。
手持ちの資料を確認したところ、ご指摘の通り、1998年が正しい年でした。
記事を修正しました。失礼致しました。
今後とも、当ブログをよろしくお願い致します。

nanasi

さいかち窪
こんにちは。
さいかち窪は滅多に湧き出さない珍しく貴重な存在ですね。大切に保存されるとよいです。
ところで、さいかち窪が湧き出した年ですが1997年は少雨でしたから、98年じゃないでしょうか?
非公開コメント

散歩人

自然が好きで、特に川や地形といった自然地理に興味、関心を持っています。それらのネタを中心に気楽に書いていこうと思います。

スポンサードリンク